| Home |
ホルモンと月の動きと、でも関係ねー!の気持ち。
ホルモンに突き動かされて

はやうん十年。

しかし



私は幸せで

頑張れる力がある

だから

ちょっと休んでも

go onしたい。

あいするひとたちと一緒にいたい!

それだけ。

本当にそれだけ。

そうすれば自然に音楽が生まれて

幸せは倍増する。

なーんて

格好良く言っていますが

具合が悪い時は休んで

調子のいいときは突き進めば良いと思いますし、休まなきゃ無理なときは自分を甘やかさないと。


嵐を熱唱する娘が隣にいますが

愛する彼女を産んで本当に良かったと思っています。

 もしみんなが子どもを産めるとしても

女性の事情で良いと思うんです。

私はカトリックでもないし、

そのときの選択肢や事情で産む産まないはあっていいと思います。

もともとやなにかの事故で産めない方には本当にきっと残念だと思いますが仕方の無いことなんだろうな、とも考えます。

きっと私には計り知れない苦しみや苦労もあるのだと思いますがその気持ちを知ったかぶりをして書いても仕方が無い。

だから私は母子家庭でも子どもを育てて来て良かった、ありがたいと感謝します。

でもあかちゃんと聞くとなんだか

ほんわりするのは確かです。

事実は子育て戦争なんで、きれいごとでは済まないんですが

子どもは不思議です。ワンダーパワーがあります。

アダプトしているアメリカの友人も多いけれど

それも賛成です。

ただ手放しで賛成できないのは密輸されたいわゆるそのために妊娠したり産み落とされた子どもじゃなければ、という気持ち。

お金がなくて妊娠して次々に子どもを売るビジネスに巻き込まれた女性の社会もそこに存在するからです。

女性は基本損です。

生理や胸の発育とともに

妊娠出産の恐怖にさらされ

こころない幼い低能な男性諸君におろしてくれなんて言われてしまうんですから。

あるいは子どもが出来たなら会社や職業をあきらめてくれなどと戯言を言われる。

わたしはフェミニストではありませんが

ホルモンで十分に苦しんで来たので考えるんです。

何故ここまでホルモンに苦しめられしまいには更年期までついてくるなんて

今気絶したいくらいです。

しかし男性はもっと損だと思った事柄があります。

妊娠してわかったのですが

大手デパートにももちろん小さな店舗にも男性用トイレにはおむつ替えシートや授乳室がない。

母子家庭はありでも父子家庭はなしか?

しかも両親揃っていても父子で出かける場合、どこでおむつを替えれば良いのだ?

ちなみに私は小さな反逆として母乳での授乳もおむつ替えも店舗前のベンチや公園でやっていました。

ですが

いつもデパートにて自分がトイレを使う時疑問符が浮き上がります。

なぜ?無いの?男性のトイレには子連れマークが?

そして授乳室も必ずトイレの隣にあります。

これって乳をだすからか?

もろだしにするわけでもないのに

汚いのか?授乳は?みんなそうやって片パイだした親の乳を吸っていきてきたんだぞ!

私は大声で怒りたい。

母子家庭への偏見もさることながら父子家庭への偏見ってその数十倍なはず。

男親が赤ちゃんつれてトイレに入ったら変態だとおもうでしょ?

わたしだって幼児が男性にトイレに連れて行かれるところをみたらそりゃあ

もう心配になります。

でもこれって私を含めて社会の偏見の縮図。

是非桜沢エリカさんの旦那さんくらいはっきりきっぱりして頂きたい。

し、社会がそれを認めないと保育園以外の場所はまるで男子禁制です。

いい加減変わってくれ

いや変えたい。

今子どもが出来たばかりの旦那さんや妊娠中の奥さんがいる旦那さんやパートナーは

率先して授乳につきあい、哺乳瓶で協力し、おむつ替えに関しては全て担当して頂きたい。

この世の中がどれくらい不自由かを確認してください。

少子化というだけの社会。

何も変わってはいないんですよ。

男性が子育てに本気で加わった時きっと初めてその不十分さと不自由さを知るのではないだろうか?

あああああああああああ!!!!!!!!!!腹が立つ!

と、まじめに語ったところで

私は

明日ロックを注入しにキングブラザースを見に行きます。

楽しみです。ロックが足りないから闘う力も足りないのだと思います。

明後日はレコーディング。

今月が山ですね。

気合いでがんばります。(優しい気持ちも気合いの一つ?)






スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<69の日と昨日レコーディング! | Home | 昨日はライブでものすっごく緊張。今日は運動会。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days