| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
The Raconteursきいて驚いた。
The Raconteurs

white stripesのひとがやてるみたいなんだけど

cureみたい。

丁度ある人からきいて、しかもまた別の人とThe cureの話をしていたから、びっくりした。

ラカンターズというみたいだけど、

凄く80年代から90年代にいれかわる感じにさらにdavid bowieを足した感じで

ある意味斬新だった。

videoもいたってシンプルでなんの話題性もなければなんの作り込みもない。

それが逆に、最後まで曲を聴こう、とおもわせる。

PV(PromotionVIDEO)はずっと結構長い間、

話題性をえるために必死な映像作家たちで熱くなっていた

と、思う。

それは決して悪いことではないけれど

バンドの本来の曲を聴かせるためにはシンプルにとることは大切なことなのだな、とおもった。

その友人の映像作家にきくところによると、まさに曲やその人となりが出るPVの場合そのままFILMで撮った方がいいらしい。


もちろんその人にもバンドの個性にもよるし、数々の名ディレクターによる作品集も大好きでよくみる。はっとおもわせる要素が素敵に開花する作品もある。

しかし、なるほど、である。
シンプルきわまりないこの撮影。曲を聴くしかないんだ。

個人的に最近の私は、ツインボーカルがすきでthe killsのPVもとてもいい作品だな、とおもっていた。

でもストーリー的に作り込みすぎていて邪魔な素材も多いかもしれない。
たしかに何回か観たけどなんの曲だったか忘れてしまった。


The Raconteursの場合男性しかも、全く違うタイプのキャラクターの男性がツインボーカルをとっていておもしろい。

それこそ80年代も90年代もいなかった、rockだけれどnew waveだけれどメッセージもあるんだけれど、

pop

という、総合的に言うと「やりたいことやっててでも伝わるってすがすがしいなー!」

な感じ。

white stripesはtoo muchだったな、とおもう人に案外おすすめかもしれない。

かくいうわたしはwhite stripesを全くきいたことがないので完全に印象だけで言っています。

情報的には非常に古いのかもしれない。

でもたまたま友人とはなしていたらこのバンド名が出て来たのでcheckしてみた。

そのまま撮って格好いいバンドならば

そのまま撮って格好いい曲ならば

そのままのほうがいいことはいい。

昔父が持っていた8ミリfilmとカメラどこに眠ってるんだろうか?






スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<今から名古屋行ってきます! | Home | 今日は疲れているのにまたしても早起き。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。