| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
母はpunksである。
わたしよりずっと先に punkの道を築いたのが

母(67)恵子である。

恵子は子育てが一段落してから

活動家になった。

反戦デモによく分けも分からず連れて行かれていたオレ

反核、反原発、反戦、

思春期から20くらいまでの間は母のやっていることと裕福な家族でいることのギャップ

はどうなんだ?と偉そうに思っていたこともあった。

青二才が思う反体制、と娘ふたりの将来が平和であることを強く希望する母とでは

反、という感じも違うようにとれる。

今わたしは母がそんなギャップのなかでもプライドを持ってポリシーを胸に

強く強く前を向いて

時には違う考え方のいわゆる体制側の人間から睨まれながら

訴え続けた。

学習会に行き、戦争の記録映画を観に行き、しまいにはフィリピンへ行った。

水牛家族というものすごいインパクトのある名前の活動チームを仲間と結成し、

集めた資金で水牛をフィリピンに送り、葉っぱやバナナのかわから紙をを作る方法を勉強して

フィリピンの人たちに働く様に自分たちで自給自足できるようにと

何度も通った。紙もうまく作れる様になるまで、そして

水牛は翌年行くと食用になっていなかったりするので

買い足して、畑を耕し、ミルクをもらうように教えた。

その頃は他にも同人誌をやっており、近所の禁止看板だらけの公園の写真を撮って

子供の遊び場に関しても問題定義していた。

母は向上心は強くがんばりやで、泣き言をほとんど言わない。親父みたいな母である。

わたしが5年間イジメにあって、母の目は学校じゃない外の世界があることを多分知ったんだ。

わたしが次々つれてくるピアスだらけのバンドマンたちや

えたいのしれないわたしのファッションセンスにもつき合ってくれ、

買い物はいつも母と行っていた。

小5で初めてDIscoに言ったときも行き先と大体の帰る時間さえ言えば何も訊かなかった。

中学2年で酒の味をおぼえたときもむしろ喜んでいたし

外から帰ってくると、いつもいつも起きていて「どうだった?」

「楽しかった!」というわたしのキラキラしていただろう目をみて

「よかったね!」と

いってご飯を温めてくれた。

楽しくなかったら悲しいんだそうだ。楽しかったならなんだっていい、(もちろんやばすぎはだめっすよ)

そんな母の側でわたしは大してぐれること無く育ったんだ。

わたしは今8歳の娘にすでに怒ってばかりいるんだが

いずれ、彼女をnaked me の歌詞みたいに

いいのよ!って言ってあげられる日がくるのだろうか。

スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<ぐっすり眠れる様になった | Home | 食後>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。