| Home |
母親であるということ
人は15分間一日だれかと会話をしないと行きていけない

と聞いた。

死ぬ訳ではないだろうけれど、なるほどなと思った。

私はミュージシャンだからさぞかし派手な暮らしをしているだろう

にぎやかな人に囲まれて生活しているだろう



思われているかもしれない。

しかし

私の生活は地味そのもの。


たまにスタジオがあり、ライブ、ツアーがあり

友達のライブにたまーに顔を出す程度


である。


あとは一人(母子家庭なので)

自室スタジオで曲を書き

黙々と執筆し

娘の晩ご飯や朝ご飯の買い出しに行き

過ごしている。

子を持つと言う事は、めでたくもあり

通常の家庭だったら時間に追われながらも何とかやっていくんだろう

と思う。

子を持つということ

11年間

私は幸せだったと思う。

それにきっとこれからも娘の存在で学ぶ事も多いだろうと思う。

思う、

という言葉が続くが

そう思う、か思うしか無い、か、本当に感じている、のか


自分でもはっきりわからない。

娘は大切だ。

なにかあれば自分を捨てても娘を救おうとするだろうし

命がけでそう務めるに違いない。

もちろん義務感もある。

責任、

責任と言ってしまうとなんだか安直だが

正義感といえばいいのか?

愛ゆえの。

まあ、ことばにするとどれもチンケに聴こえてしょうがない。

私は喫煙者だが愛煙家かどうか最近わからなくなって来た。

娘のいない時間をどう過ごせば良いのかわからず

チェーンスモーカーになっているからだ。

抗不安薬を飲んでも

昼寝をしようとしてもうまくいかない。

娘の事を考えるとき

私は自分の母の事を考えてしまう。

母は夫もいるが収入面以外

殆ど一人で子育てして来た。

母は私が苦しいときどれだけ苦しかったのかが

今手に取る様にわかるのだ。

その余裕の無さも

その煙草の煙も

今はとっくに煙草もやめている母だけれど。

母親は(親は)

子どもに何が出来るか

といわれると

正直、大した事はできない。

保育園の送り迎えに始まり、学童保育の送り迎えになって、塾の送り迎えになって

自由な時間は正直幼少のころよりもあるのだ。


だから何が言いたいか?と問われてもよくわからない。

ただ、

音楽という特殊な職業を運命としてうけとめてしまった私は

一人で子を育てるという運命にも出くわし

今いる、。ということ。

時々叫びたくなる。

シーツをメチャクチャに破って捨てたこともある。

CDを割って部屋をメチャクチャにしたこともある。

でも結局

私は不規則な日常に戻るんだ。

それが私の生き方だから。





















スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<LOVES.企画FEVERにてライブ! | Home | LADY GAGA 様じゃ!>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days