| Home |
娘の過去の名言?迷言?集
娘は

言葉を話しだすのが凄く早くて

字を読みはじめるのも早かった。

しかし!それとは全く関係ないといわんばかりに

会話や行動の合間合間で

謎な言葉が飛びかう!飛びかう!


まずはアチョポ

これは普段使いに最適。言葉のブランクが出来たときとりあえず言っておく

あとは返事をする際、いきなりアチョポといって相手をひるませる。(その必要があるかはさておき)

そして

アピア、ンバシャ

これはアピアとンバシャは別らしいのだが、それなのにもかかわらず単独で使われることはない。


(この名言集は以前も書いた事があるとは思うのだが今一度純粋さを忘れない様記録しておきます。)


アピア、ンバシャは常に言っていたが、わりと叫ぶように近い感じで言う。

甘える時などはアチョポが主流だが

アピア~も使われていた記憶がある。

どちらも機嫌のいい時の使用度が高かった。

私の肩や首の当たりに手を回し、アピアンバシャ! といってみたり

バギーに乗って歌なんかを歌ってる合間に使う訳である。

もう少し大きくなると(2、3歳?)

目を白目まではいかないが黒目を上の方にやって

ぎ~んといって人を追っかける

という荒技も見せていた。

ぎ~んは大人にかなり評判が良く

ねえ~ぎ~んして!というとわりとやすやすとやってくれた。

言葉が保育園教育により発達するに連れて

『みんな』に 『たち』をつけて

みんなたち~あつまれ~と言いながらお椀のご飯の残りを集めていた。

私もシッターさんもすっかり魅了されみんなたち~といってはしゃいだ記憶があります。(いつかなおるだろうから直す気0)

でも純粋な脳みそで考えると、みんな=複数=たち、というのは非常に理解しやすい。

そして3歳くらいまでは幽霊らしき人(私達には見えない人)たちとの会話が激しく

中でもよく話す人は二人いて

一人は怖いおじさんでいつもしかめっ面でがたいも良いらしく

怒るらしい。

わたしまで怖いので名前もわすれてしまった。
が、怖いのに
訪れてくるのを避けられないようで

怖いよう、と言って来ていた。で私が悪霊退散!といいながら胸の上で十字をきったり(宗教ばらばら)していた。

もう一人は女性で白装束の

じょうもうさん

黒髪で長く

いわゆるジャパン幽霊に似ているが

娘に幽霊をインプットする前だったので確かな情報なはずだ。

いつも娘が部屋の角や天井を見上げ

じょうもうさん

と話していた。

「じょうもうさんはね~やさし~んだよ~」

といわれたが関わりたくないのでふうん、そっか~といって根性のない私はその場を去るのが常であった。

3歳を過ぎると見なくなったようで後で言っても記憶もしていなかった。

逆に「なにそれ、こわい~」といわれ、否、あんたが言ったんだよ!と思ったが

まあ、記憶がないんじゃあ、仕方ない。

看板の字を次から次へと読んでいくので散歩はにぎやか。

くすり、の看板をリスク~リスク~とわざと逆さに読むのだが

これは感慨深かった。

確かに!くすりって絶対副作用あるもん、だからリスク!だ!

うちのこったら天才?

と錯覚したほどであった。

(本人はリスクの意味はそのときもちろん知らない)

こうやって子どもって生き物は面白い事をたくさんいうので

時々書いておかないとね。忘れてしまうにはもったいないでしょう?

と言う訳で娘の名言集でした。

明日からは

インタビュー週間!

化粧ばっちりでいかんとね!





















スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<さあ!みなさん!外仕事!と色々!お待たせ! | Home | 今日は天気と一緒の気持ち>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days