| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
昔はさ、今もさ
そう、1990年頃はね、

大した昔じゃないけどね、

今みたいにCDRやCDの美しいサンプルなんて無かった。

だから今

無数に配られているsampleをみんな、もらっても聴きやしないんだよ。

もちろん聴いてる人もいると思う。
でもねわずかだと思うよちゃんときいてるのは。

私だって20枚たまって、聴き、って繰りかえしてて気がついた。

わたし初めて音楽やって好きなミュージシャンと繋がったのって

カセットテープだった。

みんな日本の細っこい、

よくわかんない女の子がmotorhead and fuck tape 
なんて

もっと良くわかんないもん渡すからびっくりして聴いたんだおもしろがって。

jon spencer も
sonick youth
コートニーも、beckもbeastie boys 、も

jad fairも

自分たちの音がCDになってからも違和感と不思議さがあったし
サンプルあげていいなんてしらなくて

せっかくもらったのはもったいないし家族にあげたいし

自分で手書きやコピー機でジャケコピーして、でカセットにしてたりした。

seagullのナオとのメンバーになってからの初めてのカセットが

motorhead and fuck っていって中原昌也なんかも参加してたんだけど

ジャケが完璧にコピー(ようはモノクロコピー機で、ってことです)

私のブラ姿のハーフネイキッドなんです。

コピーだからあんまりわからないけど。

その前のメンバーさっちゃんとやっていたseagullでのdemoもtapeでした。

タイトルは忘れたけど当時の友達にカジ君に渡してもらって

カジ君がトラットリアまで導いてくれたんだよね。

もちろん圭吾(小山田)や

何しろseagull後期のドラマーでマネージャーだった荒川くんや

嶺川貴子ちゃんや

カヒミちゃんや

もう わけわかんないくらいいろんな人が興味を持ってくれて成り立ったことに感謝は忘れない。

けどそれは

カセット力

とも言える気がする。口コミと同じくらいの。

今もちろんカセットもらっても、あ、がんばってるんだ、という反応はあっても奇をてらってる感はあるがCDR と一緒なのって

なんでだろうか。

とにかくミュージシャンやって20年近くて

いろんな人に色んな形で音をもらうんだけど聴こうかな、と本気で思えるのが少ない。

全部聴くんだよ、だけど全部は覚えてない。

90年代ミラクルなんだろうかね

seagull時代には音はそんなに私の周りでは蔓延してなくて
ライブにとりあえず行く、っていうのが鉄則だった。

だから、
ライブで出会わない外タレ以外はみんなライブでであって、みんないまだに付き合いがある。 会えなかった外タレとも結果会えてああ!あのtapeの!みたいな。

なにがいいたいかって?

よくわからないけど

不景気だしCD会社が配らなくていいんじゃないか?って思うよ。

だからあたし

本当に聴いてほしい人にしか渡さないことにした。

それに本当に聴いてほしい友達には買って!ということにした。

会社の思惑通りでもないとおもうよ。

そんなsample配り過ぎで売れないなんてまじで売れてないんだもの。 (売れる売れないじゃないよ)

しかし憧れのアーティストが激減して

当時好きだったアーティストはもちろんみんなすきだけど

どうしたらいいのやら、、、

patti smith に 音源 わたすまでは生きていよう 、、、とか真剣に思ってしまう。

twitter,facebook mixi,myspace....とかいろんなfestivals。。。があるけど、

届かない音は届かない。

届く音は届く。

私の音はちゃんと

聴いてほしい人に届いてる。

もちろんもっとどけばいいなと思うよ、

できるならば 。。。。。。。

でもいつもメディアが、

自分もやってるけどいろんなソーシャルネットワーキングが、

決してソーシャルじゃない自分に

のしかかってくるんだ。

「忘れない、決してわすれない、あの、素晴らしいときを人たちを」と言う気持ちも大前提で

もっと届けようよ音楽を!
スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<Lostageの似顔絵コメント集!内容は | Home | 5/9RAVOLTA@three!>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。