| Home |
色々
いやはや精神病ってやっかいです、いやあらゆる病気、怪我は。

受け入れるのも苦労したら

今度はそこからの離脱に時間がかかるわけで

でも

そういうもんです。

やり始めて

終わるの大変な事の方が人生多い。

もちろん

沢山の方々が様々な病気を持っていて闘ったり向き合ったり、共存したり。

しかし同じ様に個性も持っていて

きっと慎重に診断すれば全員違った診断になるんだろうな。

どうせまとめられるならば、

ここはヨーロッパ!

とぐらい大雑把におもって

生きています。わはははは。

楽曲作りは毎日机に向かい、あるいはソファーでぼーっとしながら

ひらめき、鼻歌待ちをしています。(禅でもなければ、ものすごい集中してるってわけでもないのだが、無音状態にいることはいる、ノイズを除く)

ギターをとっては置き、キーボードをならしてはやめ、protoolsを立ち上げてはshut downみたいな

そんな感じです。

で、ふと音楽の全てから離れている瞬間にあふれる様に曲が出てきたりする。

今日もお腹や筋肉を鏡でみながら(って全裸でうっとりしてるわけではありません!、それもいいかもしれないですけどね)

横隔膜の運動と腹筋の活動を観察しました。動きが皮膚の外からでもわかる様に大げさに動かして

運動させます。(これはseagull時代に身につけた技?で自己流横隔膜兼腹筋運動)

おとろえてはいない様です。

声もいい感じです。

ので

引き続き発声練習でもしようかな、と思います。

(私の発声練習はすんごくおっそろしい声がでるので密閉空間のみ許されます。
正直獣がそばにいたら呼びそうです)

ワークスペースには
アナログが沢山あるので

それをかけて合唱もいいかなとおもっている次第。うーん。


なんか、なんかね、
one of thoseになりたくない!と思う人が多い中

私はone of those中のthoseがいいな、と思うんです。

本当に話がしたいときは分かる人とはわかり合えるだろうし

今は私のいるその

these や thoseの

居心地が悪くないんですね。







スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<web interview! | Home | 私の気持ちは外に歩き出した。>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days