| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
サンテグジュベリ 
今日

わんわんと泣く自分の声の中で目が覚めて

ひどい頭痛に腫れた顔

布団に戻ったり頭痛薬をのんだり、起きてみたりの繰り返し

何気なくつけたTVで

むかしすーぱーひとしくんの
ほら、

世界不思議発見

そうそう
あのクイズ番組で過酷な取材をかってでていたレポーター

かなえちゃん(実家で大人気なのでチャン付けさせていただきます)



銀座の松屋で行われている大規模な

サンテグジュペリ展がからんだ特集をしていた。

俳優の方がいまいち滑舌悪く星の王子様を読む。

で、サンテグジュペリの
甥っ子が出てきて

当時ドイツの占領下にあったフランスから

亡命しNYで書いた名作 星の王子様についてと、自分の叔父について語っていた。




私は 19歳で大学で英語の他にも、と思ってフランス語を選んだ

厳しい先生で、遅れてくる生徒は教室に入れないシステムだった。

わたしは一番に席につき、一番前に座りチンプンカンプンの教材と辞書と黒板

そして先生の早口な容赦のないフランス語に くらいついていった。

自己紹介でカミュが好きだと言った私に

先生はカミュの作品について分を書いてきなさいといわれ

いわなきゃよかった!とおもった。

でも斜め後ろの方の席で『カフカがすきです」といって
「それはドイツ人よ」と頭を小突かれて真っ赤な顔の生徒よりましかもしれない、、



そのうち、気づかないうちに、

他の先生のフランス語のクラスのテストが簡単で退屈に思えて


テストを写させてくれと生徒から言われるようになり
(もちろんNONが答え)

先生が新しい教材を持ってきた

それは教材ではなく本だった
よく見覚えのある

そう
星の王子様

日本語で分かったつもりでなんとなく、うーんシュールかな、なんておもっていたあの本
が私がフランス語で読んだ初めての本になった。

その言葉の美しさ

歌のような 

必要な言葉だけしか書いていない

先生の高めの声で流れるようなセンテンス

そして

あの絵 バラはいつも凛と咲いていたが寂しそうだった。

わたしのフランスへのあこがれは強くなった。

そしてこのバラのように愚かで、しかし純粋で、凛と咲きたい、とおもったし

この王子のように無知ででも無垢でそして純粋でどこか線の細い

そんな自分にもなってみたかった。

TVを久しぶりにつけたら

ぼんやりしてる頭にサンテグジュペリが飛び込んできた

いまでもフランス語版と日本語版両方ともあるはず

探してもう一度読んでみたい。

松屋にもいってみようかな。










スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
<<今日は遠足!!! | Home | 自分の病気とは~リハ行きたかった>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。