| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
親と子のバランス〜 日暮家の場合〜
最近Twitterで

反抗期のでつれない娘さんにシングルマザーのお母さんが毎日キャラ弁で嫌がらせする、その名も嫌がらせ弁当
を作って

超話題になって書籍化もされるようですね

とても愛情のあるお母様なんだと

心底尊敬します。働きながらものすごく凝ったお弁当を考えて作るなんて

私には到底無理ですから。

そこで娘とその話をしてみた。

ママ「ママ絶対無理、むしろそれするくらいなら、家出?!いやもーどうぞどうぞ!お気をつけて!一週間くらい帰ってこなくて大丈夫だから!って言うわ」

娘「それ言われたら、家出しずらいわ。あれでしょ?
出た瞬間家の中からやったー!っていう歓喜の声が家の中から聞こえちゃうんでしょ?」

ママ「そうそう。グレたいの?どうぞどうぞ!グレちゃってー!髪の毛何色にすんの?たのしみー!みたいなねー」

娘「ますますグレづらいわ」

というような会話をした。


これから高校生になる娘、
おかげさまでめちゃくちゃな母の背中を見ているからか
すくすく素直に育ってくれている。



いつのタイミングで反抗期が訪れるやもしれない
まあ、
訪れない可能性もあるが、、

ちょっと面白いエピソードだったので綴ってみた。

親と子のバランスが

うちは特殊だと思う。

私が母で父でもあり話し相手でもあるが、

時には娘が母みたいになることもある。

特に、はい!役割交代!と言うことはないが

自然と生活の中で入れ替わりながら
うまくやっていけてる方だと思う。

そう、バランスといえば

最近わたくし個人の脳というか心というか

身体のバランスが乱れまくっている。

食生活もいたってヘルシーだし
適度な運動もしているのに

なんだか

バランスがアンバランス。

ここは腹をくくって何か根底から変化をつけないと

いけない時期なのかな、、、?などと

考えている。

一体何をすればいいのだろうか

しばらくアレコレやってみて

様子を見ようと思う。







スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
愛してるっていう時

ずっと地下スタジオで作業してたから手にあたるパソコンが冷たい。


けれど今日は
暖かい素晴らしい天気ですね。

なんとなくblogを書こうかと思い立った。

今日の私の心はすこし不安。

でも大丈夫、大丈夫って言ってあげます。

最近いろんな近い方の訃報を目に耳にします。

とっても悲しいです。

でもたくさんの友達、知り合いの子どもも産まれているのよね。

私も15の今年高校生になる女の子の母。

シングルマザーだからかな、
時にはお父さんでもあり友達でもあるかも。

私も43年間生きてくるなかでたくさんの愛する人たちを
亡くしました。

でも私は生きている。

そして愛する娘も生きて側にいる。

愛してるって日本人には特に馴染まない言葉。

事実私も愛してるって思った男性は今までほんのすこししかいないし

実際愛してるって言葉にしたことなんてほとんどない。

でも相次ぐ訃報と

次々可愛らしい芽をだしてくれる赤ちゃんたちを

見ると

ああ、

私は幸運にも生を与えられてる。

好きなことしなきゃな

愛してる人に言えるだけなんどでも

愛してるって伝えなきゃいけないな

って

言葉でね

言わなきゃねって

思うんです。

愛してるっていうタイミングなんてないの

つまりいつでもいいんだと。


ぎゅーっとハグして

髪を撫でて

かわいいねって

とっても好きだよ

こころから愛してるよって

言わなきゃねって。










日記TB(0) | CM(0) | top↑
作曲の鬼。
猛烈作曲中です。

もうかれこれ半年以上作曲中ですが。

夢はイギリスのフェスとか出て朝からパブでビール飲むこととか??

我が父がblogを始めたということで

父が生きているうちに父のことを

すこし思い出そう。

なんて思ったら

体が痒くなってきた(いやマジで)。

父は楽しい楽しい人で

良くお酒を飲み母と踊っていた。

フォーク、ジャズ、ロック、ソウル、なんでも

なんでも。

音楽をかけよう!とレコードに針を落としていたな。

チューして!なんて幼いあたしが言うと父と母はチューしてたっけ。

おととい娘が実家に行った(徒歩15分だけど)のだが

娘(孫か)とヘアースプレーを観ながら

やはり三人と一匹(愛犬チョコ)で踊ったそうだ。

そして父は母を褒め、
母は父を褒め。


やれやれリア充。

私もパートナーを見つけたくなってきました。

でもこればかりは探すもんでもない気もしてきたわ。

さて、作曲の鬼に再変身!









日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。