| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
退院しました!
みんなに心配かけてごめんね。

本当は急性すい炎で入院しましたが

その後膵臓と胆のうをむすぶ管が奇形じゃないかとか、癌があるかもしれないなど

家族を集めての手術の告知まで受けました。

その時はもう一瞬目の前がぐらーんとなりましたが

みんなや家族、彼が支えてくれて

一気に前向きに繰り返しさされる点滴や検査の採血、CT ,造影剤のCT,造影剤の内視鏡
レントゲンをすべてやって

全く異常がなかった事がわかりました。

先生も始めに突き落とさないで検査してから言ってほしかったけれど

でも逆にそのおかげで精神病の上での死との関係とまたひと味違う生死の関係について深く考え

感じ取る良い機会になりました。

ご飯のおいしさ、挨拶の大切さ

家族や彼ファンの方々のあたたかさや支え。

走る電車も見上げる空もしとしとと降る雨もすべてが素敵に思えます。

絶対に死なない、と思ったし、

検査もリスクのある検査だったので怖かったけれどでも

彼や家族の
「絶対になんともないよ、大丈夫」
という言葉を胸にぎゅっとつめこんで

自分でも
「絶対に大丈夫!」

と思い込みました。

医者は職業柄絶対とか100%とか言えないからしかたないけれど

一言で絶対、とみんなからいってもらえただけで安心を得られました。

今回腫瘍もなかったし何事もなかったけれど

いつ何がおきてもおかしくないわけだから

日々を大切にしようと感じています。

そしてゆっくり進みたいです。

みんな沢山のコメントと励ましありがとう!




スポンサーサイト

日記TB(0) | CM(0) | top↑
昨日は実家の駐車場でしバーベキュー
しちりんでバーベキューしました。

寒かったけど昼間だし楽しかったです!

娘が大喜びでせっせと小さい椅子やテーブルを持ってきてせわしなく用意。

夜は家族でだんらん。

自宅に戻ってからは娘とくっついてソファーでテレビをみたり

寝るときは狭い娘のベッドで一緒に寝ました。

自分がみんなに応援されて

こんなにも支えられていることを大切に思います。

二時頃私はトイレにいくついでに自分のベッドに移りましたが

娘に朝聞いたら「しってたよ~」

と言っていました。

今日も実家でバーベキューする!と気になって仕方がない様子。

今晩病院に戻るのが切ないですけれど、

今は考えないでおきます。

みなさんにそれぞれお返事できないことを残念に思いますが

またゆっくりお返事しますんでどんどん書き込んでください!

励ましてくれてありがとう!


日記TB(0) | CM(0) | top↑
明日は外泊!
外泊って不思議

家に一晩帰るのに

一時帰宅とかじゃないのね

みんなを心配させて しまいましたが

日々良くなっています

また来週から入院ですが

きっとすぐです

結構痛々しいくらいの点滴の跡

テープで固定されていた部分もかぶれています

きちんと見つめて
健康第一です

明日明後日は娘や家族と会えます

恵まれてるな
本当に

精神病とたたかいながらもノンストップできた37年

この辺で少しペースダウンしても

ダウンという意味にはならない気がします

ゆるやかにおだやかにこれからは

好きなことたくさんやって
沢山娘や家族や彼や 友達やファンの方々と素晴らしい

作品や
時間を
創りたいです

日記TB(0) | CM(0) | top↑
みかんなのにオレンジジュース
20090123081816
なんでかなこの組み合わせ

みかんとオレンジジュース

雨嫌ですが

今日は午後からはれるみたい

私は元気です

呼吸を深くはく座禅やヨガは

長生きにつながるそうです

偉いお坊さんがいってました

職業で坊さんが統計的に長生きらしい
私はヨガ好きとかいいながら呼吸がなってないので

呼吸はきちんとしようと 思います

呼吸は自然としてるっぽいけど大脳で指令を出してるめずらしい ところらしいので
意識してゆっくり呼吸

ストレッチだけは少しづつやりたいです 体が相当かたまってる!

かといって激しく動きはしないので大丈夫です!

日記TB(0) | CM(0) | top↑
ごめんなさい!
ひーエロいいたずらコメントをけしていたらmaaさんのコメントを間違って

消してしまいました
ごめんなさい!

携帯でやっているので まちがったところを押しました

懲りずにコメントくださいな

今日はチカオッチがまた 来てくれます
家族やかれがくるのを犬のようにまってます

家の愛犬チョコがさびしそうに吠える気持ちもよくわかります

しかしオバマいきなりすごいですね

医療制度に国民の声を聞きにいってる

さすがです
日本はだめですね

とにかくガザへの攻撃がもうなくなるように
してほしいです

日記TB(0) | CM(0) | top↑
入院して6日半
タバコの許しがでた日
一階にタバコを誰かにもらおうとしたら
喫煙所で
まるでクワイエットルームの大竹しのぶにそっくりな
チャキチャキ?な おばさんが

いいから あげるからと
タバコをのこり全部をくれて

夜の一服ってたまんないわよねぇ

とか
もう発言や立ち振舞いがいちいち
クワイエットルーム
最後に 入院してるといったら

私は帰る人だから
まあこういういい人 もいるとおもって!
といわれた

いやもう いい人ですよそりゃあ

しかし
一応移る病気ではないですよ

というとほっとしていた

いい人だってやはり人間

そして昨日も昼間 彼女と遭遇

旦那らしき方が偶然同じ階に同じ系列の病気で入院してるみたいで
お昼の一服を一緒にさせてもらった

ライターみつかった?

いいえ かりてました
あら きょうはもう一本余分にもってきたからあげるわよ

いいんですか?

いいのいいの気にしないで!

娘がいるはなしや彼女の孫のはなしになったとき

なんとなくシングルマザーなんで

という場面があったら

いいのいいの ぜーんぜん気にしなくて

と 気にしなくても 励まされた

しかし
びっくりしてた

彼女の方がスタイリッシュで映画の大竹さんと違い 精神病患者ではないが

あまりに雰囲気が一致しすぎて笑った

そしてとても感謝しています

毎日いろんなちいさなことがありがたく感じます

退院しても忘れないでいきます

昨日は洗濯したけどコインランドリーにいったことは日本ではないので

いちいち あれ ?これ除菌洗剤いらずってかいてある

これ洗剤いります?
いります!(看護婦さん)

あれこれどうやったら始まるんですか?
ここ 押してください(看護婦さん)

といった具合で
かなり生活したことないの?
的な視線を感じました

うちに洗濯機あるんじゃ!

でも海外で使えるなら日本で使えないのは変なのかなとおもったりしたけど

日本のほうが説明も注意書きも 多くて わかりづらいの!

という感じで今日も長い1日がスタート!

日記TB(0) | CM(0) | top↑
初ごはん
20090120193005
20090120193001
夕食がきた

おかゆといろいろなおかず

美味しい

ゆっくりたべた

お茶もおいしい

熱があがらなかったので

点滴が一時的にとれました

昨夜テレビの広告でほしいなと思っていた蒸気でアイマスク
をチカオッチがどんぴしゃで買ってきてくれたので

さっそく今夜それを着けて眠ります

みなさん
お陰さまで順調です
ゆったり休みます

日記TB(0) | CM(0) | top↑
回復にむけて
凄いスピードで回復中

明日大きな検査をしてから

昼食

ご飯食べることが怖い時期がながかったし
これからもそういう時期がくるかもしれない
何しろ一人で治せないのが拒食症
本格的な拒食症ではなかったけれど
常に太る事へ恐怖感があった

でも 自分でご飯を作ることの喜びも覚えてきた最近だったから

このタイミングでもっと ご飯を好きになって行きたいな
もともと美味しいものすきだもの

偏食が原因とは限らないけど
1日一食でもきちんと食べるのでもいいとおもうし
ただ
無理しないようにしたいな

いい検査結果がでますように
祈っててね

長期入院の辛さを経験できて
大病している人の気持ちが少しでもわかってある意味よかった

安静にするだけでも難しいね

痛いのも辛いけれど
退院はまだまだ先です

みんなコメントありがとう

日記TB(0) | CM(0) | top↑
病院
病気なのに
身長や体重の変化を書いたりして

軽率でした

でも 明るくなりたかっただけなんだ

みんな心配かけてごめんなさい

日記TB(0) | CM(0) | top↑
救急車
救急車にのったのは一昨日

急性膵臓炎

十回以上の嘔吐

死んでしまうかとおもった

娘や両親チカオッチがきてくれて

昼間自分の身長体重 を無理矢理計らされたら
な なんと身長が1.5センチ伸びていた!
164.5

しかし体重が点滴の水分で
三キロ太ったがーん
全くものを口にできなくて点滴攻撃 寝てばかりであります

たまには いいですねキメラでヨーコさんに実際会えなくなっちゃったけど 会いに行くわ

かならずや

日記TB(0) | CM(0) | top↑
昨日は疲れと怒りの日ダメ母日記。
娘の習い事のことをきっかけに

私の日常の疲れが爆発し

風呂場で一人洗面器を投げつけて発散。

娘を脅すような形になってしまったことに

猛烈に反省しつつも

娘に事情を説明し娘に怒ってるんじゃないけれども、何かに八つ当たりするしかなくて

止められなかったことを許してほしいと告げた。

娘は非常に優しく

私を許すどころかもちろん顔色をみつつ、心配してくれた。

娘はいい子できかないときも多いけど、子どもらしく日々成長している。

私は鬱屈した最近をどうにもできず、気が立っていた。

娘が大きくなったら安心して私をおいて飛び立って行ける様にしないといけないけれど

なかなかその準備に入れないですね。

母としては相当欠陥商品。

でもそれも自分。芸術家日暮愛葉の側面でもあるし、

波があるからこそひらめきも生まれる。

娘よ許してくれなくても良いから顔色もみなくていいよ!

今日は雑用を済ませ、

楽曲を作りました。

ライブのお誘いも沢山きていて嬉しいです。感謝!

ダメ母ライフでもいいじゃないの、とおもえるくらい思いっきりダメ母(もう十分だと思うけど)になってやろうか。

明るくいたいな。でも。なんだかんだ明るく。

日記TB(0) | CM(0) | top↑
3月1日LIVE!
3月1日ライブの詳細です!!!!!!!!

みんな来てね!

OPEN/START 18:30/19:00
ADV/DOOR 2300/2800(+1D)

チケット取り扱い
LAWSON TICKET / L-72225
e+ / http://eplus.jp/sys/
BASEMENT BAR / 店頭前売,メール予約 2/1~

日記TB(0) | CM(0) | top↑
ライブ!3月1日!
2009年始めの一発は

YOMOYAとtoddleとbasement barにて!

ライブ!

是非来て!

詳細はまた後ほど紹介します”!

4月18日はなんと!六本木スーパーデラックスにて

ライブ!日本滞在外国人向けフリーペパーMetropolisの企画です!

対バンは秘密!

一月二月は創作モードです!

3月まで待っててね!


日記TB(0) | CM(0) | top↑
静養中
静養はずいぶんしているが毎日思うようにはいきません。


でもこれも人生の大切な修行


大好きなヨガの雑誌YOGINIを読んでいたら


真言宗の授戒がでていた。


殺さない

盗まない

性的欲求におぼれない

嘘をつかない

無益なことをいわない

悪口を言わない

食べすぎない

むさぼらない

怒らない

見誤らない

とある。

これはヨガをするにあたっての基本の言葉というか禁じられている事柄についての言葉と同じらしい。


ヨガはピラティスのあとからはまったのでまだ年月は浅いし全然できていないんだけれども

(体がめちゃめちゃ硬いのもなかなか続かない理由のひとつ)

ヨガを極める人はやはり菜食が多いみたいですが

私は殺生

の面でもういきなりつまづいている。肉食雑食、だしゴキブリキャップもおいているし、蚊よけもする。

怒らない

という点でも

昔に比べるといいものの、まだしょっちゅう怒っている。

昨日新聞でも読んだが

やはり褒めるといいみたい。

たしかに娘を怒るとお互いストレスに感じるし、

褒めちぎってもまともに育つ子はきっと才能をぐんぐん伸ばすようになるんじゃなかろうか?

いいことはすぐに実践に、という私は

とりあえず娘に怒らないでかわいいな~と言ったり思ったりすることにした。

どれくらい続くかわからないが、面白い試みだとも思う。

だいたい私は褒められて育ったわけだから

音楽という道をのびのび選べたのかもしれない。

ブッダは神々しいとおもわれがちだけど

意外や意外すごくたくさん失敗もしていて、修行も結構中途半端。

ちがうや!とおもったら変えている。

その試みの繰り返しがおもしろくもあり、非常に人間的で親しみやすいんだと思います。

人間一生生きてみないとわからない。

自分の人生は自分の方法で生きればいい、と思います。

私も具合がよくなったら

好きな運動をして音楽をつくります。


日記TB(0) | CM(0) | top↑
宮沢賢治の詩
娘の学校では素敵な事に毎日詩を2、3つ音読して暗記していく宿題が必ずある。

私が仏教にはまりだし、宮沢賢治の事を考えていたら娘の新年一番の宿題は雨ニモマケズであったので

本当にびっくりした。
みなさんにも読んでいただきたいので青空文庫のものを載せます。

〔雨ニモマケズ〕

宮澤賢治




雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシズカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ

南無無辺行菩薩
南無上行菩薩
南無多宝如来
南無妙法蓮華経
南無釈迦牟尼仏
南無浄行菩薩
南無安立行菩薩


娘がもってきたのは最後のお経前までだが、それでも十分いい。

詩というのは本当に素敵なものだ。

今日娘と、TVを見ていたらなかよしのクラムボンのみんなをCMでみつけてびっくり。

いくちゃんたちの曲や詩も素敵だもんね!

宮沢賢治も音楽を愛していたそうだから、ますます私も前を向いてやっていかなければね。


日記TB(0) | CM(0) | top↑
NEW仕事机
今まで狂った様に模様替えをしてきたが

その間にぶっこわれた机のままずーっと仕事していた。

ぐらんぐらんする机にパソコンは危険でしたが


気に入っていたのでなかなか買い替えられず、、、

しかしこのたびリニューアル!

って具合悪いのによくできた模様替え。

っていうか午前中ぜんぜんおきあがれなかったじゃん!

という自分を配達の人が揺り起こし

配達された机を置きました。

机の上にはprotools やハードディスク、ステレオなどなどがぐあーっとおいてあったが

でかい机だったので広々していた。

今回も大きな机。

事務机なんだろうけれども緑と白だけのもので

両サイドの引き出しの上に天板をはめるだけという簡単な物。
090109_1438~01

う~ん机の下があんまりきれいじゃないけれど~~~~~~

お気に入りで形だけじゃなくて音も良いクラゲスピーカー
090109_1416~01

写真がでっかいな~

ちなみにこれが私が仏教にはまったわけ。
写真ちっこいな~


51MDKF044RL._SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA115_

こんな感じで仕事部屋は赤白緑というイタリアンカラーでコーディネートされております。完璧じゃないけどね。ちなみに寝室は白と緑のみ。

居間は茶色と木の色とベージュです。

物を片付けていたら娘の幼いころの絵が出て来てあまりの斬新さに驚嘆。

机の両足が引き出しになったので物がかたづいてすっきりです。

ああ、粗大ゴミ早く捨てたい、、、

それより具合治さないと。



日記TB(0) | CM(0) | top↑
やっぱりいいよ、仏教。
仏教にはまっています。

といってもおかしなカルトとかじゃなくて自分ペースでの発見、研究です。

仏教って宗教らしくない宗教、として

世の中のお偉い先生たちも

その神話の起源というか美しさに魅せられているみたいです。

わたしの病気が科学で解明される事がなく「もう治らない」と言われた時から

何かにすがる人たちの気持ちも凄くよくわかるようになった。

ホメオパシーやフラワーエッセンスにはまったり

ヨガやピラティス(これは科学的だけど)

にはまったり

だって感じる気持ちや聴こえる声や見える妄想をそのままに受け入れれば良いんだろうけど

現実社会が許さない訳じゃん。

治らなくても薬はのまないともっとおかしなことになる、わけですから周りにも悪いし

自分も感じることはないのに生きているだけで罪悪感に苛まれる。

治さなきゃ!自分を治す!

と言う事に反感もあった。

でも基本的に自己否定型だからやっぱり治さなければいけないもんなのだ、と思っていた。

躁鬱、非定型、と生理前症候群、どれも辛い病気で、それぞれ症状が異なりリズムもとれない。

治す、治れ、治った、とか考えてるとなんか罪人みたいなきもちになるんだ。

しかも悪いことに、死とも隣り合わせで、重度の鬱や躁の果ての場所では私はいつも「死」を体全体に感じ取り

悲しみや虚無感、虚脱感、何に対しても無反応で無感動な自分と向き合わされていた。

いや、そこにまるで自分の魂はないのに苦しんでいるような妙な感覚があった。

どうだろうか、そんな人間に

あるインチキなホメオパスは優しく言った
「あなたは病気じゃない、薬ものまなくていい」

舞い上がる自分がスキップしていた。その人が天使に見えたよ。でもその一時的な開放感はあくまで一時的であり、夕方にはすっかり

突然の薬中断の副作用や、鬱の症状が私の上に真っ黒い雲を連れて来ていた。

これじゃあ、カルトや変な健康器具とかに騙されそうな勢い。危ない所だった。もちろん

ホメオパシーにだってけっこうなお金を使ってしまったが、同じく

すがる様にして薬でない何かを求める精神病や癌の友人たちがそういったものにはまるのも見て来た。

結局みんな科学の力をかりる事になったけれども、(ホメオパシーが万人に効かないとはいわないし、好きな人はもちろん続けていいと思います、が科学治療している人は医者からでている薬を突然やめないこと!)それでもきっとまたなにかお金がかからなくていい方法があったら試すかもしれない。

何故か?だってみんな病気は治ると嬉しいでしょ?喜ぶ。親も子も。だからなんかにすがっても

治るならいいんじゃなかろうか、と思っちゃう。

でも「治らないです、上手くつき合って行きましょう」

という言い方はなかなかよくできていて

科学的なのに文学的。

上手にだよ、上手に病気とつき合える様になる、それが周りに迷惑や負担をかけないことに繋がる

すごい。科学的なのになんでこんなに共存共生という言葉を医者が使うんだろう。

釈迦みたいじゃない?

できるかできないかはいいとして、痛みを抱えて生きて行く、なんて言い方をちょっと変えたらさらに文学的!

ところで、
科学はキリスト教が生んだらしい。

私は聖書を読んで、キリストはそんなに悪いやつとも思えなかったが

宗教学者の中沢新一先生は

「十字架がいけなかったね」

といっていた。基本イスラムに置けるアッラーもキリストもブッダ(釈迦)も大元、言っていることは同じような事だったらしい。

しかしみんなブッダ以外は途中から神様になっちゃった。ブッダは人間なのに。

最も神様(偉い人)みたいなのに決して神として存在せず人間として存在し普通に死んだ釈迦はなんだか親しみやすい。

偉い人=あがめられ=偶像化され=神様~

カリスマがかたちになっちゃうから、、、

いけないのかなあ。

まあ、話はそれたけど

科学を否定するのではなくて

何もかもと共存していったらば、

ブッダがいつも動物に囲まれていたように

穏やかになれるのかな?

音楽だけを創って

ドラえもんを描いた藤子Fさんみたいに、きたろうの水木しげるさんみたいに

たとえある程度欲があっても

好きなことできること、それだけを追究していけばなんだかまっとうでいられる気がする。

しかし老人になって死ぬとして、延命だけはしてほしくないもんです。



日記TB(0) | CM(0) | top↑
科学では分からない事
人間は突拍子も無いことを言ったりやったりするじゃない?

それこそ釈迦や親鸞が問うてきたことなんて科学で解明出来ないもんね。

だから宗教学があったり

芸術でいえば「ひらめき」とか

言葉で表せない何か予感したり

ガリレオとかアインシュタインみたいに

もちろん色んなことが今でもものすごい早さで解明されていってるんだろうし

私のような下っ端の人間には分からない秘密とか、きっと国家機密とかあるんでしょうけど

そのうち釈迦や親鸞などの立派な坊さんが体現して来た事を

すべて科学で記号とかで表せる日がくるのかしら?

今実際は地球上で科学的に解明されている事の方が全く微々たるものでパーセンテージでいったら数パーセントらしい。

でもなんだかそれってわくわくする!

分からない事だらけだから人は悩むし、時には苦しむけれど

わからん、

で良いなんて

なんて素敵な事!

あーでもないこーでもないと仮説妄想を繰り広げていいってことだもの。

まあ、わたしがわからない程度のことはみんな辞書や大辞林にのってるんだろうけれど、、

でもあの、歌う瞬間、マイクの前で録音が回って歌う声を出すコンマ何秒か手前の意識って

ことばにいいあらわせない。

単純にアドレナリンが~エンドルフィンが~とは言わせたくない

ライブで意識を交換するようにACT(といっても演じるのではなく突き動かされる)すると

なんだか気が遠くなったり重力を感じたりする。

異次元にいるようなそんな感じ。

ドラえもんのいいところは科学のロボットなのにちっとも科学的じゃなくて

欲しいもの、で形成されて役立っているところだな。

ドラえもんポケット空っぽでいいからほしいなあ。




日記TB(0) | CM(0) | top↑
静養中
静養中ですが

関係ないんです

私は

なだき武がすきです
なぜかというと絶対すんごい 才能があるのに
控え目で

友近と番組が一緒だったりすると

涙目のような輝く目で友近をみているのが

凄く格好いいんです
お笑いという過酷なフィールドにいても
脳ある鷹は
という感じすらみせない なだぎの静かなる何かが

いいんです

一目会いたい人リストに加わりました

さてまた横になります

日記TB(0) | CM(0) | top↑
納棺夫日記とその本木雅広さんの映画「おくりびと」
「おくりびと」はまだ拝見していませんが

ブッダに興味があった私にはまさに直球というか優しくすんなり生死を受け入れるための

ドラマチックというよりも

穏やかな生死の流れをこの本で

青木新門さんは書いてくださった。

「納棺夫日記」

(増補改訂版)

これはすごい。

響く。というと安っぽいがまあ、どんな言葉にしてもこの本とその職業に比べたら安っぽいのだ。

そもそも生に比べ死に携る方々への侮蔑差別はこの世、どこでも激しい。

どんな宗教でもそれが激しいか

というと意外や意外、浄土真宗では親鸞(しんらん)というすごい人がいて

シャカ(ブッダ)の如く弟子をとることもなくグループを作るわけでもない、

いわば自分で自分を知るため生死にまとわりつく苦痛を知るための旅にでた偉大な人物だ。

皆さんはきっとブッダは手塚治虫さんの漫画などでもかなり親しみがあると思う。

でも浄土真宗などというとなんだか小難しいお経が聴こえて

得体の知れない坊さんが拝みにきそうだけれど

親鸞はかなりなアナーキストとして通っているみたいだ。

死というものは皆不浄とされていて

女性の血を含む血液も不浄とされている。

それはいまだに続いている不思議の真実。

もちろん糞尿も不浄とされているが

そういった不浄なはずの死というものを迎えるのは万人なわけで

誰も逃れることはできない。

でも死を味わうためには臨死体験をするか死ぬかしかないものだから寓話や妄想、伝説仮説が生まれる。

私は死を一週間前に迎えた(その時は知る由もなかったが)祖母と面会したが、生きていてまだらぼけた祖母よりずっと美しく、その無欲な笑顔に引き込まれた。

そのようにして人は他人の死と向かい合ったり合わなかったりするんだけれど、

死んだものを綺麗にする一連の作業を施してくれる納棺夫や火葬夫は人間社会的地位が非常に低いと言う。

私は一昨年から何人かの遺体を見たけれど

そのどの顔も穏やかで美しく生きているようだったので

知らない人物の遺体に触れ、美しくしてくれたその方達の仕事がすばらしと常々感じていた。

祖母の葬式のときなど泣きながら笑ってしまうほど綺麗で触りたかったが

遺体が痛みかけてもろくなっているという
衝撃的でも事実を告げられ

ああ、形としてはだめになてってしまうしまうぎりぎりまでこの世にいてくれたんだ、と思った。

自分なら訳も分からないただの死体や、ましてや腐乱死体やばらばら死体を綺麗にしてあげて、、、と思えるか?仕事でも?

でもその生の向こうの方まで見渡せば、人はみんな産まれ死ぬ。

死体がどのようでも、生前その人となりがどうであれ、その人をきちんと火葬(何葬でもよいが)してやろうと思わなければいけないのではないか

とまでこの本を読んで思った。

ブッダはよく人を許す。

許し、というのは非常に大きな力だ。

怒りや憤りや憎しみをすべて超越して許すんだから。

かといって私がこんな文章を書いているから悟ったのかというと全然ちがう。

私は悲しいかな、ちっこい人間である。

だから過去に自殺した命もその本人の「本人にとってのみの美しい死」が許せるか?といったら、

自分に問うたら、実際、許せないでいる。

この納棺夫日記にも記されている、

周りのことを思って、自らをおば捨て山に捨ててくれというおりん婆と

三島由紀夫の、自らの「美しい死」のためだけに遂げられた自決の差

について

私はその死の意味の違いがあまりにもあって、死の尊厳の差も大きい気がしてならなかった。

でも死んでしまうその時、本人たちが見るものは一緒の眺め「悟り」のようなものの気もするのだ。

イギリスではわりと何十年か前まで自殺は重い罪で、死んでからも葬られる場所も違い、葬式なども出せなかったらしい

でも死を実際目前にした瞬間は人間はみんな同じような気がして来たのだ。

金に目がくらんだものでも、無欲だったものでも
傲慢だったものでも、従順だったものでも、

だれでも。

そもそもこの話を書こうと思ったのは私がよく地場や霊魂がわかる、と他人から不思議と言われるから、というのと、実際自殺を考えたことがあるから、というのもある。

自殺の心配は今のところ無いし

わたしにとって霊魂とかそんなものは正直どうでもよくて(私はどちらかというと科学的にとらえたい。が実際できないこともある)

ただ怖くなければそれでいいだけで

お経も知らないし、神様も困ったときだけ出現する程度でいいとおもっていた。

ただこの職業が素晴らしく尊いものなんじゃないか、だって自分にはどう転がっても出来ない。
でも誰かにしてもらう訳で、だのにその大切な職業を知らないなんて、そんなむしのいい話ってないんじゃない?

と感じた。

訳も分からず拝んだり、死人も見ずにお経を読んだり、なのにたたりだとか霊がのりうつったとか

そもそも死んだらその後どうなるかは誰も知らない。

だからみんな仮説で妄想でそれがふくらんで暴力的に人を怖がらせる。

でも死はやっぱり悲しい。

悲しいから、だから死なないでほしい。だけど死んだら安らかな顔を見せたいし、見たい。

だからこそ納棺夫や火葬夫のような、死に一番近い職業こそがとても大変でそしてかけがえがない。

面白いのは著者で納棺夫の本人も、意外にも

実際そんな大変な作業をやりながら徐々に生死と向き合ってゆくその感覚の描写。

その著者の心のうちが、汗が、そしてユーモアまじりの文体が素晴らしい。

私の親友内田ややこちゃんのだんなさん本木雅弘さんがこれを映画にしたと言うのだからみないといけない。

みなさん是非小説と

映画みてみてください。

文春文庫です。






日記TB(0) | CM(0) | top↑
自分の目標とそこまでの課題。
私の今年の目標は


いくつかある。

まだ詳しくは言えないが

いまとりかかっていること3つを完了させる事だ。

できれば6月までにすべてを終わらせ

次の事にとりかかりたい。

周りを見渡すと非常に焦る。

焦りは禁物!とおもいながらも

やはり日々身を削る様に働いている人たちを目の当たりにすると

私の努力の不十分さにがっかりするのだ。

自己評価が低いせいにはしていられない。

やる気が出ないとかいっていられない、なにか情熱を

私の中の情熱をきちんと、いやめちゃくちゃにでももやしたい。

決して躁状態ではないが、

自分自身を盛り上げて行こう。今年は。

今年は去年の努力に勝る努力をして

天才と言われる前に秀才として頑張りたい。

世の中の天才は狂った様に、何かに取り憑かれた様に事を起こして来たが

それまでの準備は決して欠かさなかった。

それが、そこが大切なんだ。

私も自分の意志のの弱さにも負けそうで

意志とは別の病気の症状にも負けそうだけど

負けない、

最後まで

死ぬまでがっつり好きなことをやりとおしてやる。

ぬおおおおおおおおお!俄然やる気!

がんばります!



日記TB(0) | CM(0) | top↑
明けましておめでとうございます!
みなさん!

2009年ですね!

日々昨年同様一歩一歩がんばりますので

頑張りすぎないようにもしますので

何卒

宜しくおねがいします。

日暮愛葉として産まれてきて

年々充実感というものを「これか!」と感じています。

みんなの生活がすこしでも楽しくなればな!と思いながら

曲、創って行きますね。

年末ダウンタウンで爆笑していたら年が明けました。

そんな感じで

楽しく、気楽に

でも真摯に

ライブや録音していきます!
090101_0044~01


日記TB(0) | CM(0) | top↑
| Home |
プロフィール

日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer

Author:日暮愛葉 from SeagullScreamingKiss HerKissHer
シングルマザー歴17年、ミュージシャン、ギター、ベース、ヴォーカル、作詞作曲、プロデュース。楽曲提供、作詞、執筆、そしてコラージュアートなどもしています。
10年間国内外で活躍した 
seagull screaming kiss her kiss her を休止後、 
YUKIのsoloシングル、アルバムを手がける。その後も数々のミュージシャンに楽曲提供をしながら
ソロ,LOVES.THE GIRLでライブ、日本、海外ツアーとと活発に活動を続ける。2014年今年メジャーデビューから18周年を迎え
封印していたSeagull Screaming Kiss Her Kiss Herを再始動!
ライブも大決定!
日暮愛葉18年間の軌跡を辿るオールタイムベスト
[18 / cherish my best ]発売中。
2015.9.9に約15年ぶりのSeagullのオリジナルアルバム[ETERNAL ADOLESCENCE]も発売し精力的にライブ活動中。女子2人バンドTHE GIRLもライブで再始動!
詳しくはblogを見てね!

最近のコメント
seagull screaming kiss her kiss her
AIHA SOLO WORKS
solo 3rd album perfect days



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。